Top >  「睡眠」について考える >  睡眠の必要性

睡眠の必要性

人間はどうして睡眠をとらなくてはいけないのか、

考えたことありますか?

睡眠は私達の生活で自然にしている行動です。


眠くなるから睡眠をとる、

体を休ませるために睡眠をとる、、、

睡眠への考え方はそれぞれです。


私の場合は睡眠をとらないと

次の日の体力が続かないからです。

眠くなくても、とりあえず布団にはいって睡魔を待ちます。


考え方は人それぞれあると思いますが、

どうして人間は睡眠をとらなくてはいけないのか。。

そこにポイントをおいて考えてみましょう。


一日は24時間です。

でも一日なんてあっという間。。

眠るのがもったいない!なんて思ったことありませんか?


たしかに睡眠をとらなくても平気な人はいます。

何日も徹夜続きの生活とか。。。


でも徹夜は3日間程度が限界とされています。

栄養ドリンクでも飲んでしまえば別ですが。

徹夜続きだとどんなに眠りたくなくても熟睡してしまうんです。


睡眠は脳と大きく関わっています。

生きるために睡眠をとるといっても過言ではありません。


夜の睡眠だけでなく昼食後のお昼寝も良いんです。

昼食を食べるとなんだか眠くなるなんてことがあります。

実は、そうなるように体内リズムができているんです。


かといってたっぷり1時間寝たりしてはダメです。

お昼寝に適しているのは15分ー20分程度です。

それ以上眠ってしまうと深い眠りに入ってしまうんです。


深く眠ってしまうと目覚めも悪く、

ボーっとしてしまい仕事の効率も落ちます。

昼休み時間の15分程度のお昼寝がベストです。

         

「睡眠」について考える

本題の『ナルコレプシー』に入る前に、
まずは「睡眠」について考えてみたいと思います

当り前のようにしている睡眠ですが、
知らなかったという事実があるかもしれません

関連エントリー


睡眠の必要性
脳と睡眠の関係
レム睡眠
ノンレム睡眠








Yahoo!ブックマークに登録