Top >  「睡眠」について考える >  レム睡眠

レム睡眠

睡眠と一言にいっても2パターンあることご存知でしたか?

もちろん眠りであることには変わりありません。


でも自分の睡眠の中で、

睡眠のパターンを自覚することは難しいですよね。


特に気にする程のものでもないし。。

と思ってしまうかもしれませんが、

知ってみると面白いんです。


睡眠のパターンを自覚することは難しいですが、

夢で考えてみると簡単です。

眠っている時に夢って見る時ありますよね。


夢は眠っている時いつでも見るわけではないんです。

夢を見ている時の睡眠のパターンは、

『レム睡眠』というパターンの時なんです。


睡眠中の脳波では浅い眠りと判断されるのですが、

声をかけたり揺さぶっても目が覚めにくく、

実際のところは深く眠っているという特徴のパターンです。


夢だけではなく、昼間に聞いたり触れたりした記憶を

一時的な記憶ではなく、長期的な記憶として

固定する役割もあるんです。


記憶することが多ければレム睡眠時間も増えるということが

確認されていて、記憶することがいっぱいの新生児は

睡眠の約半分がレム睡眠とされています。


人間の睡眠は、今ご説明したレム睡眠と

次にご説明する『ノンレム睡眠』を

4ー5回繰り返したサイクルで成り立っています。

         

「睡眠」について考える

本題の『ナルコレプシー』に入る前に、
まずは「睡眠」について考えてみたいと思います

当り前のようにしている睡眠ですが、
知らなかったという事実があるかもしれません

関連エントリー


睡眠の必要性
脳と睡眠の関係
レム睡眠
ノンレム睡眠








Yahoo!ブックマークに登録