Top >  「睡眠」について考える >  ノンレム睡眠

ノンレム睡眠

レム睡眠の記事は読んでいただけましたか?

続けてご説明したいのが『ノンレム睡眠』です。


レム睡眠だのノンレム睡眠だの、、、

訳が分からないかもしれませんが

分かりやすくご説明します。


しつこいようですが、、、

レム睡眠もノンレム睡眠も睡眠には変わりありません。

睡眠のパターンが少し違うだけです。


ノンレム睡眠は深い眠りに入っている状態をいいます。

眠りに入る時は、【うつらうつら・・・】と始まり

徐々に心身ともに深い眠りに入ります。


深い眠りだけあって脳の休息にも役立つパターンです。

どうしようもなく眠い時に15分程度眠っただけでも、

スッキリ目が覚めるのはノンレム睡眠の働きによるものです。


眠りに入る順番としては、、

うつらうつら・・・と眠りにはいる

ノンレム睡眠からスタートです。


約1時間30分後に夢を見たり、

記憶を固定させる働きのレム睡眠に切り替わります。

その後もレム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルが一晩繰り返されます。


朝方になるにつれて、ノンレム睡眠が浅くなり

レム睡眠中心の眠りに切り替わっていき、目覚める。

という具合に睡眠のリズムができあがっているんです。

         

「睡眠」について考える

本題の『ナルコレプシー』に入る前に、
まずは「睡眠」について考えてみたいと思います

当り前のようにしている睡眠ですが、
知らなかったという事実があるかもしれません

関連エントリー


睡眠の必要性
脳と睡眠の関係
レム睡眠
ノンレム睡眠