Top >  「ナルコレプシー」の正体 >  ナルコレプシーってどんな症状?

ナルコレプシーってどんな症状?

眠る時間が遅かったり、生活のリズムがずれたりすると

日中でも眠くなることがあります。

もちろんそれは障害なんかではありません。


ナルコレプシーは睡眠障害という障害ですよね。

睡眠障害といってもナルコレプシー以外にもあるんですが、

まずは本題のナルコレプシーの症状についてご説明します。


かなり簡単にナルコレプシーの症状を述べますと、、

めちゃくちゃに眠くなる症状です。


眠くなることは誰にでもあることですが、

眠くても今は眠っちゃダメだという場面って必ずありますよね。

会議中とか、食事中とか、試験中など、、、


そういう状況にいながらもナルコレプシーの症状は

こらえることができない程の眠気に襲われるんです。


もちろん夜に十分な睡眠をとっていても

ナルコレプシーの症状は出ます。


眠気のレベルはとても強く、あえて表現するならば

『丸三日間徹夜で過ごした後のような眠気』

と表現されるようです。。。とてもこらえることはできません。


一回の眠りは約20分程度で、

目覚た後はすっきりします。


眠気は一日に一度だけではなく、個人差はありますが

数時間経つと再び眠気に襲われるんです。


眠気の他にも症状はあり、

『脱力発作』・『睡眠麻痺』・『入眠時幻覚』があげられます。

順を追ってご説明していきます。

         

「ナルコレプシー」の正体

睡眠障害『ナルコレプシー』の主な症状や
眠気以外の症状も細かく分けて掲載しました

関連エントリー


ナルコレプシーってどんな症状?
ナルコレプシーの眠気ってどんな時に起こるの?
ナルコレプシーの脱力発作
ナルコレプシーの睡眠麻痺
ナルコレプシーの入眠時幻覚
ナルコレプシーを発症する原因とは・・・