Top >  「ナルコレプシー」の正体 >  ナルコレプシーの睡眠麻痺

ナルコレプシーの睡眠麻痺

ナルコレプシーの眠気や脱力発作に比べると、

症状のレベルとしては低い症状が

『睡眠麻痺』です。


いくら症状が強くないといっても

ナルコレプシーの症状であることに

変わりはありません。


睡眠麻痺という症状は、寝入ったばかりや

目覚めた直後に起こる症状です。


分かりやすい言葉を使うと、、

“金縛り”と同じような症状なんですよ。


金縛りと聞くとオカルト的な感じがして怖いんですが、

睡眠麻痺にオカルト要素はありません。


この症状は他の人に体に触れてもらうことで

すぐに治りますし、数分後には自然に治ります。


そんなに怖がる必要はないんですが、

どうしても金縛りとイメージをだぶらせてしまい

睡眠麻痺になると恐怖を感じてしまうんです。

         

「ナルコレプシー」の正体

睡眠障害『ナルコレプシー』の主な症状や
眠気以外の症状も細かく分けて掲載しました

関連エントリー


ナルコレプシーってどんな症状?
ナルコレプシーの眠気ってどんな時に起こるの?
ナルコレプシーの脱力発作
ナルコレプシーの睡眠麻痺
ナルコレプシーの入眠時幻覚
ナルコレプシーを発症する原因とは・・・








Yahoo!ブックマークに登録