Top >  ナルコレプシーへの対応 >  ナルコレプシーの検査方法

ナルコレプシーの検査方法

自分自身の睡眠に何らかの問題を感じても、

勘違いかな?といまいち自分の症状に不安だったり

相談できなかったりしますよね。


本当にナルコレプシーかどうか、

自分自身だけで診断することは困難です。


もしも本当にナルコレプシーならば、

適切な診断・治療が必要になります。


ではナルコレプシーの診断方法をご紹介します。


ナルコレプシーの症状でも『睡眠麻痺』と『入眠時幻覚』は

睡眠に特に問題のない健康的な成人にも起こることがあります。


さらに別の病気なのにナルコレプシーと

同じ症状が起こることもあります。


検査方法としては睡眠検査室という場所での検査になります。

どんな検査かというと、、、

脳波検査(EEG)という検査です。


脳の電気活動の記録を取り、

レム睡眠とノンレム睡眠の活動サイクルを検査します。


正常な睡眠の場合だと寝入ってすぐは

ノンレム睡眠が活動しています。


しかし、ナルコレプシーの場合だと

レム睡眠の活動が寝入ってすぐに見受けられます。


睡眠状態のレム睡眠・ノンレム睡眠の活動を知るには、

脳波検査で知ることができます。


『睡眠障害の相談に力を入れている病院』で

詳しく病院名等をご紹介していますので、

参考にしてみてください。

         

ナルコレプシーへの対応

ナルコレプシーの疑いがあったら
どうすれば良いのか。。。
そんな疑問を掲載しています

関連エントリー


ナルコレプシーは何科に受診するべき?
ナルコレプシーの検査方法
ナルコレプシーの薬








Yahoo!ブックマークに登録