Top >  ナルコレプシー以外の睡眠障害 >  反復性過眠症

反復性過眠症

『反復性過眠症』というタイトルですが、

『周期性傾眠症』ともよばれる症状です。


ナルコレプシーと同様に眠くなる症状の病気です。

多くは10代ー20代前半程度に発症が多いとされています。


とても稀な病気で反復性過眠症に関する研究は

あまり進んでいません。


どんな症状の病気なのかご説明します。


眠くなる症状はもちろんあります、

過眠状態が、昼夜を問わずに眠気が反復する症状です。


強い刺激には反応を示しますが、

目を開けてもすぐに眠りに入ってしまいます。

軽く意識障害もありますが食事や排泄に問題はありません。


女性の場合だと月経の一週間程前から眠気が始まり

月経が始まると眠気の症状が改善される場合もあります。

月経関連過眠症と呼ばれ反復性過眠症の種類に入ります。


反復性過眠症の治療は難しく眠気の予防として、

リチウムや気分安定薬が有効な場合もあります。


反復性の病気であり反復性過眠症は

ストレスが原因の場合があります。


薬物療法と周囲の人の理解や協力が必要不可欠です。

         

ナルコレプシー以外の睡眠障害

ナルコレプシー以外の睡眠障害を掲載しています
参考にしてください

関連エントリー


反復性過眠症
特発性過眠症
睡眠時無呼吸症候群
むずむず脚症候群
周期性四肢運動障害
睡眠不足症候群
睡眠障害を放置していると・・・