Top >  ナルコレプシー以外の睡眠障害 >  特発性過眠症

特発性過眠症

反復性過眠症に続いて『特発性過眠症』です。

眠くなる病気という点は共通していますが、

特徴がそれぞれに違い混乱してしまいますよね。


なるべく分かりやすくご説明したいと思います。


特発性過眠症はナルコレプシーとは

全く真逆の症状がいくつかあります。


日中に眠気が襲ってくる点は同じですが、

ナルコレプシーの場合だと20分程度のお昼寝をすると

すっきり目が覚めます。


しかし特発性過眠症の場合だと、

一時間程度眠っても目覚めは悪いのです。


その原因は眠りのパターンにあるのですが、

ナルコレプシーのお昼寝の場合は

レム睡眠であることが認められます。


特発性過眠症の場合はノンレム睡眠のパターンです。

ナルコレプシーの睡眠パターンよりも

深い眠りであることが証明されます。


その為、特発性過眠症の場合はお昼寝していても

軽い刺激で目覚めることはありません。


日中に眠くなっても夜の睡眠には支障がなく、

夜の睡眠を十分にとっていても

日中眠くなるのが特徴です。


ナルコレプシーの脱力発作などの症状は出ませんが、

頭痛・立ちくらみ・四肢の冷えなどの

自律神経症状を伴うことが多いのも特発性過眠症の特徴です。


発症の頻度は少なく発症原因も解明されていません。

有効な薬がある場合もありますが、

副作用の問題も生じてきます。

         

ナルコレプシー以外の睡眠障害

ナルコレプシー以外の睡眠障害を掲載しています
参考にしてください

関連エントリー


反復性過眠症
特発性過眠症
睡眠時無呼吸症候群
むずむず脚症候群
周期性四肢運動障害
睡眠不足症候群
睡眠障害を放置していると・・・








Yahoo!ブックマークに登録